富小つれづれ日記
 

お知らせ

 

 

日誌

日誌 >> 記事詳細

2018/03/08

1年生 いのちの授業

| by:情報担当者
 1年生の教室に助産師さんがゲストティーチャーとして来てくれました
赤ちゃんがお腹のなかで大きくなる様子をイラストを使って分かりやすく説明してもらいました
子どもたちは、興味津々です
子宮というのがピンとこないようで、
「まだ赤ちゃんの僕の妹にもあるのかな?」
と不思議に感じている子もしました
生まれてくる時の家族の気持ちを描いた紙芝居も読んでもらいました
物語が始まると教室は静まり返ります
物語の中で、「生まれてくる赤ちゃんが一番頑張ってお腹から出てくるんだよ」
というセリフがあり、
「僕もがんばったんかな?」
「家に帰ったらメモしとこう」
とかわいい反応を見せてくれる子もいました
赤ちゃんにかなり興味がでてきたようで、“我が家の赤ちゃん”紹介をしてくれる友だちがたくさん手を挙げてくれました
そして最後に実物大の赤ちゃんを一人ずつ抱っこさせてもらい、今日の「いのちの授業」を終えました
子どもたちは色々なことを感じたと思います
ぜひお家でも今日の「いのちの授業」のお話をしてみてください
     
15:06