校長室の窓から

 

カウンタ

COUNTER238867
校長ブログ
12345
2018/05/23new

3年生結団式

| by:校長
5月23日(水)
 いよいよ明日から3年生は、長崎へ修学旅行に行きます。「全力で楽しみ思い出に残る最高の長崎」が学年目標です。5時間目は、結団式でした。しおりの読み合わせは、各クラスで行い、体育館では集合、点呼の練習、新幹線に乗る練習も行いました。練習を重ねる中で、どんどん時間が短縮されていきます。個人旅行と違って、集団で行動するためには、ルールを守り人の話を聞くことが大事です。しいては、自分たちの命を守ることにもつながります。
・ルールを守る。・自分の命は自分で守る。・安全は、すべてに優先させる。安全の3原則を守り、全員無事で帰ってきます。もちろん、最高の思い出をつくるために、楽しんでほしいと思います。

14:30
2018/05/23new

2年生結団式

| by:校長
5月23日(水)
 2年生は、25日京都へフィールドワークに行きます。それに先駆け、本日結団式が行われました。しおりの読み合わせも生徒主導で、しおりを見ながら、しかりと聞いていました。東本願寺・西本願寺・本能寺・建仁寺・三十三間堂・南禅寺・知恩院・八坂神社・京都文化博物館・六波羅蜜寺・平安神宮・京都タワー・豊国神社から選択し、各班ごとに巡ります。京都の町で「ユニバーサルデザイン」を見つけるのも、目的の一つです。
 ルールを守り、安全に留意しながら、初夏の京都を楽しみ、学んでほしいと思います。

☆本日の給食
・鶏肉のマスタード焼き・マカロニソテー・野菜スープ・パン・牛乳
マスタード:洋がらしのことで、からしなの種子を乾燥させた香辛料の一つです。にんにく、しょうゆ、みりんなどの調味料と一緒に鶏肉を漬けて、オーブンで焼いています。
12:28
2018/05/22new

否定という壁への挑戦!

| by:校長
5月22日(火)
 昨日、訃報を耳にし愕然としました。登山家の栗城史多(くりきのぶかず)さんが、ヒマラヤ山脈のエベレストで下山中に遺体となって発見されたというニュースです。栗城さんは、7大陸最高峰の「単独無酸素」での登頂をめざし、最後に残されたエベレストに8度目の挑戦中でした。12年の挑戦では、凍傷で手の指9本の大部分を失いました。でも挑戦し続けました。彼は、「生きて帰ることを誓い、生きて帰るために執着しない」とも語っていました。
 昨年11月23日高槻現代劇場で講演があり、私は栗城さんと話す機会を得ました。本校のドリームプロジェクトの取組を話す中で、芝谷中生に講演をしていただくことを約束していたのです。彼は「否定という壁への挑戦」「酸素があれば何でもできる」という信念を持ち、エベレストに挑戦する姿を見せることで、多くの人々に勇気を与えてきました。その生き方を本校の子ども達に、是非聞かせていただきたかったです。ご冥福をお祈りします。

14:30
2018/05/11

3年生 平和学習

| by:校長
5月11日(金)5・6限
 5月24日(木)から3年生は、長崎に修学旅行に行きます。今日は、長崎から、平田周さんをお迎えし、原爆を体験された祖父松尾あつゆきさんの残された日記をもとに話をしてくださいました。祖父母の思いを受け、「長崎を 戦争を 正確に後世に伝えたい」そして、「一人ひとりの命を大切にし、世界中が一つになってほしい」こと、修学旅行では、長崎を歴史的な見方だけでなく、これから何が大切なのかを考えてほしいと訴えられました。
 月の下 ひっそり 倒れかさなっている下か
 木の枝を口に うまかとばいさとうきびばい
 7か月のいのちの はなびらのような雪かな
 降伏のみことのり 妻をやく火いまぞ熾りつ
 ☆講演の中で紹介された俳句、祖父の松尾あつゆきさんは、(自由律俳句の)俳人でした。

15:05
2018/05/11

生徒総会  「To be continued」

| by:校長
5月9日(水)
 平成30年度前期生徒総会が行われました。
 各クラブの部長をはじめ、執行部、議長は、前期の活動目標・活動計画をしっかり自分の言葉で述べました。ほとんどの生徒が、メモを見ず堂々と発言しました。その姿は、とても立派でした。

☆各クラブより、前期生徒会委員会活動目標と活動計画の提案がありました。
☆続いて、各専門委員会から、前期生徒会委員会活動目標と活動計画の提案がありました。

☆今年度の生徒会スローガンは「To be continued」
 今から49年前、1969年7月20日、アポロ11号は、人類初の月面着陸を成功させました。アームストロング船長は、「これは、一人の人間には小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」という言葉を残し、世界中の人々を感動させました。様々な人々の支えがあり、多くの人々の希望がその「小さな一歩」に込められていました。今年度の生徒会では1年を通して「To be continued」をスローガンに掲げ、全校生徒一人ひとりがそれぞれの一歩を新たに踏み込めるような願いを込めています。その一歩は、アポロ11号の挑戦のように、その勇気を称え、見えない多くの支えに感謝し、仲間で分かち合える、それぞれにとって飛躍の一年になってほしいという生徒会の願いです。いつまでも、希望を輝かせ続け、忘れられない一歩を様々な行事や学校生活に生かしていきましょう!
09:06 | 報告事項
12345