校長室の窓から

 

カウンタ

COUNTER249458
校長ブログ
12345
2018/08/10

それぞれの夏 13

| by:校長
8月10日(金)
 近畿大会に出場した陸上部のメンバーが、報告とお礼に校長室を訪れました。低学年リレー4×100mリレーに出場した福谷結月さん・岡田亜祐さん・坂井華さん・宮内真桜さんと男子1500mの岡田開成君です。「リレーは、残念ながら決勝に出場できませんでしたが、悔しさを胸に、来年は是非とも表彰台の一番上に立ち、全国をめざしたい、リベンジしたい」と決意を述べてくれました。岡田君は、見事3位に入賞しました。岡田君も、全国大会をめざしたいと思いを語ってくれました。

☆5人とも、これからの抱負をしっかりと述べました。笑顔がとても素晴らしい!
秋の大会を期待しています。目標に向かって頑張れ!!
15:06
2018/08/09

それぞれの夏 12

| by:校長
8月9日(木)
 卓球部が、平成30年度夏季高槻市卓球大会において、男子団体3位、そして、大野蒼太君が男子個人 準優勝を勝ち取りました。猛暑の中、本当に良く頑張りました!

12:59
2018/08/07

それぞれの夏 11

| by:校長
8月7日(火)
 少し風が吹きしのぎやすい朝を迎えました。
昨日8月6日、広島は原爆投下から73回目の「原爆の日」を迎えました。平和祈念式典には、被爆者や遺族約5万人が集いました。こども代表の平和への誓いの中にこんな言葉がありました。「人間は、美しいものをつくることができます。人を助け、笑顔にすることができます。しかし、恐ろしいものをつくってしまうのも人間です。(中略)平和とは、自然に笑顔になれること。平和とは、人も自分も幸せであること。平和とは、夢や希望をもてる未来があること。(中略)平和をつくることは、難しいことではありません。私たちは無力ではないのです。」
 13年前に亡くなった原爆詩人、栗原貞子さんの作品「生ましめんかな」被爆した人が避難した地下室での出来事をもとに書かれた詩。産気づいた女性をさっきまでうごめいていた重症の助産師が命がけで出産させた。「かくてあかつきを待たず産婆は血まみれのまま死んだ。生ましめんかな  生ましめんかな  己が命捨つとも」
絶望の中に一筋の光。「光」「平和の尊さ」「当たり前の生活に感謝」6月18日以降、これらの言葉が胸に重く響く。

☆テニス部の子ども達:朝の水やりありがとう!
08:24
2018/08/06

それぞれの夏 10

| by:校長
8月6日(月)
 見事やりました!平成30年度高槻市中体連 夏季下級生バスケットボール大会において、本校女子バスケットボール部が、優勝を勝ち取りました!優勝は、平成8年・11年・21年につぎ9年ぶりの優勝です。体育館内の蒸し暑い練習にも耐え、みんなで力を合わせ、よく頑張りました!!

10:01
2018/08/03

それぞれの夏 9

| by:校長
8月3日(金)
 8月6日から近畿大会が始まります。陸上部は、万博で、サッカー部は、堺市のJグリーンで行われます。肩の力を抜いて、これまでの練習の成果を発揮してください。
リレーもサッカーも「つなぐこと」を大事に、頑張ってほしいです!応援しています!

サッカー部の賞状が完成しました。27枚書かせていただきました。校長として、とても栄誉であり、うれしいこと限りなしです。
16:10
12345