言語の選択:
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

徒然なる郡家小 日誌

 

徒然なる郡家小 日誌


2017/11/08

大阪府国語科教育研究大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
11月8日(水)
前回の算数科に引き続き、今回は国語科で、高槻市を代表して研究授業の発表に挑戦し、4年生の子どもたちもいっしょに吹田市の学校までバスで出かけました。授業では、「ごんぎつね」の最後の場面を読み、「登場人物の心の変化について読み取ることができる」という目標で、二人組みになって音読した後、子どもたちが、自分の意見を言い、ハンドサインを見ながら次の発言者を指名していくリレー発表で、論議を深めていきました。
授業後の研究討議では、遠方より来られた多くの先生方からの質疑とご意見をいただきました。いずれも、自分も「ごんぎつね」を教えているが、今回の授業でこういうところが参考になった。または、自分ならこうしてみるがどうだろう。という一つの教材をめぐる深い論議になりました。

17:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 学びに向かう