言語の選択:
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

徒然なる郡家小 日誌

 

徒然なる郡家小 日誌


2017/11/19

市民避難訓練打ち合わせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
11月19日(日)
11月25日(土)に実施予定の市民避難訓練の最終打ち合わせが郡家小学校で行われました。この訓練は高槻市を4つの区域に分け、今年は、JR以北、芥川以西の高槻市北西部で実施されます。高槻市が主催、コミュニティ市民会議が共催して、大規模な震災が発生した際に地域で避難所運営を行うことを想定して疑似訓練を行うものです。
郡家小学校での訓練は、川西地区連合自治会が中心となり、避難所の運営を総務班、避難誘導班、資材班、警備班、炊出班の5つの役割に分け、その班長を各自治会長さんがつとめ各自治会のスタッフとともに訓練を行います。小学校からも約半数の教職員が各班に入って訓練に参加します。また、児童会安全委員会の児童もスタッフとして参加します。
今日の最終打ち合わせでは、視聴覚室で全体の進行の説明のあと、各班のスタッフの顔合わせをしました。その後、防災倉庫を開いて用具を確認し、資材班が簡易給水タンクの組み立てを行いました。
市民避難訓練は、11月25日(土)の午前10時に震災が発生したことを想定してスタートし12時に終了、その後片づけを行います。訓練の途中、市から給水車や物資が届いたり、市長さんも激励に来られることになっています。川西地区連合自治会に入っていなくても参加可能です。ぜひ親子で来てください。雨天決行、警報が出たときのみ中止となります。

17:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 安全を安心に