言語の選択:
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

徒然なる郡家小 日誌

 

徒然なる郡家小 日誌


2017/11/28

高槻荘訪問

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
11月28日(火)
5年生が、11月21日、28日2回に分けて、2クラスずつ高槻荘を訪問しました。これまで、高槻荘の職員の方に学校に来ていただき、「認知症講座」と「車いす実習」を行ってきましたが、この日の訪問では、高槻荘の利用者さんと関わり合い、笑顔の関係になれるよう、児童自身が考え、準備し、活動することを目標としています。
高槻荘玄関で職員の方にあいさつをした後、特別養護老人ホーム、グループホーム、デイサービスの各部屋に児童が分かれて、少人数のグループで活動を開始します。
はじめに、児童一人ひとりが作った名刺を利用者さんに渡してあいさつをします。次に歌やリコーダーなどグループで合奏しムードづくりをします。そして、利用者さんと1対1で関係をつくっていきます。声をかけてうまくうけとめてもらえるか、少し緊張する場面です。ある児童が、ひとりで車いすに座っている利用者さんに「お手玉できますか?」と少し高い声で話しかけました。そして、自然な動きで、距離をつめ、目の高さをあわせて、いっしょにお手玉をしましょうと働きかけます。利用者さんも視線を児童に向け始め、少しずつ関係ができていきます。そんな出会いがたくさん見られました。職員の方も「ふだん見ることのできない利用者さんの笑顔が見られました」とおっしゃっていました。

17:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 心の畑を耕す