言語の選択:
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

徒然なる郡家小 日誌

 

徒然なる郡家小 日誌


2017/12/04

リースづくり

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
12月4日(月)
PTAの5年学級委員さんに企画していただき、親子のお楽しみ会で、クリスマスリースづくりに挑戦しました。
農業実行組合の方々に作り方を説明していただいたあと、みんなで作業を行っていきます。
はじめに、学習田で収穫した稲の藁を使って縄をつくるのですが、これがなかなか難しく、しっかりよりあわせないとばらばらの縄になってしまいます。農家の縄づくりの達人に技を見せていただき、見よう見まねで縄をつくり、それを円形にして、家からもってきた飾りをつけると立派なクリスマスリースができあがりました。
この日に至るまでの準備にも手間がかかっており、農業実行組合の方々が集まって、藁を棒でたたいてまっすぐにのばして、余分な枝葉はとりのぞき、10数本を一束にしてたばねていただいました。約150人分の縄づくりの材料をつくるのに半日以上かかったそうです。とても手間がかかる作業なので現在では農家でも縄づくりはやっていないそうですが、達人の貴重な技を次の世代にも引き継いでいけたらと思いました。

17:20 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 農業っておもしろい